洗車の重要性

車は常に外にあり汚れるものなので車を洗うなんて面倒だと感じる人も少なくないでしょう。しかし、車を汚れたままにしておくことでどんどん車を傷めているのです。

 
外には車の天敵がたくさんいます。

 
はじめに、雨です。通常の雨であれば問題はないのですが、空気中の汚れと雨が一緒になり酸性雨となって降ってきます。酸性雨が乾いてくると水分だけが蒸発し、酸の濃度が高くなります。濃度の高くなった酸は車の塗装面を傷めていきます。

 
次に、鳥の糞や虫の死骸です。鳥の糞や虫の死骸には腐食成分と固着成分が含まれています。これらを付着した状態にすることで車の上で酸化が進み、車の塗装面を腐食させ車の変色の原因になります。

 
それから、塩害です。潮風や雪道などでの凍結防止剤にはナトリウムが含まれています。このナトリウムが車の鉄と付着し車の錆を助長させます。

 
最後に、電車や車のブレーキダスト等から出る鉄粉も、車のボディに付着し紫外線や酸性雨によって車に錆を作ります。鉄粉は塗装面だけでなくボディ内部への錆の原因にもなりかねません。

 
このように、車は外に置いてあるだけでたくさんの敵から攻撃をうけているのです。車を敵から守るためにこまめな洗車が重要です。

Comments are closed.